地球の周波数・米国製ハンドメイド シューマン共振チューナーセット2本入

※ご注文の前に「必ずこちらのページ」をお読みください。
ご注文の際はリンク先内容にご同意頂いたものとさせて頂きます。


『地球の周波数・米国製ハンドメイド シューマン共振チューナーセット2本入』

62.64Hzと54.81Hzの2本セットになります。

2本の音叉を同時に聴くことで、周波数差が揺らぎとなり、
地球の周波数と言われるシューマン共振7.83Hzを聴くことができます。

62.64Hzは、7.83Hzのオクターブ(低いドと高いドの関係)なので、
手軽に使いたい時は、この1本だけでヒーリングしても良いです。

音を聴く使い方のヒーリングはもちろん、
母なる大地、地球とつながるグラウンディングをしたり、
そういった意識を持ちながら、身体に振動を伝えるヒーリングにも向いています。

*-*-*-*-*-*-*

詳しく説明しますと、シューマン共振とは、
地球の地表と電離層(電波を反射する)の間で、
超長波(とても低い周波数)が反射し、
その波長が地球一周の整数分の一になる周波数です。

7.83Hz(一次)、14.1Hz(二次)、20.3Hz(三次)など、
複数ありますが、7.83Hzがよく知られていて、
「地球の周波数」などと言われています。

この7.83Hzを3オクターブ上げると、
7.83*2の3乗=62.64Hzになり、

62.64Hzと7.83Hzの差がある54.81Hzを一緒に鳴らすことで、
2本の周波数差が揺らぎとして聞こえ、
その揺らぎの周期がシューマン共振の7.83Hzになります。


※下の動画で音のサンプルを聴くことができます。
(スピーカーが周波数に対応していないと聴こえませんのでご了承ください)




※鳴らし方

とても低い音なので、マレットなどで叩くと、
上音(目的の周波数よりも高い音)が鳴ってしまいます。



なので周波数の高い上音を鳴らさないために、上の写真のように、
より接触時間の長い、手の平(親指の下)などで、
重りの下、フォーク部の真ん中の少し上のあたりを軽く叩くと、
上音がほとんど出ず、基音を上手に鳴らすことができます。




左右の耳で聴きますと、音に包まれて心地良いです♪
2回以上鳴らす時は、交互に左右の音叉を入れ替えましょう。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



※チューニングフォークは、または紺色のケースに入っています。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

※この商品の感想はこちらのフォームから随時募集しています♪

(皆様の感想はこちらでまとめてご覧いただけます。)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


=================

※当店でヒーリング音叉をご購入いただくと『音叉ヒーリングの資料(PDFファイル)』プレゼントいたします!!



・音叉ヒーリングについて
・ヒーリング音叉とは
・ヒーリング音叉の使い方
・基本的な音叉ヒーリングのやり方
・応用編
・一歩深く踏み込んだ音叉ヒーリング
・各種ヒーリング音叉の使い方
・メーカーなどによる違い
・用語集

などについて書かれています。

=================
音叉ヒーリングの資料の更新についてや、最新情報など、数か月に1回くらい『お知らせメール』をお送りできたらと思います。ご希望の方はこちらのフォームからご連絡ください。
=================



※為替等により価格が変動する可能性がございます。

※ご注文の前に「必ずこちらのページ」をお読みください。
ご注文の際はリンク先内容にご同意頂いたものとさせて頂きます。

販売価格 29,700円(税込)
在庫状況 在庫数1セットです。 ご注文はお早めに。
セット

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

ショップについて

スタッフ1:星川暁

 
  スタッフ2:小川順子

 
スタッフ3:シオン名誉会長

 
 スタッフ4:ネココ会長

 
スタッフ5:メイシー社長

 
スタッフ6:タンタン名誉顧問

 
スタッフ7:緑川まりも店長(仮)


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

クリックするとサイトへ飛びます。
      ↓
『ワンネス・カンパニー』

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

2013年、千葉の都会から、
岡山の田舎へ引越しました。



田舎暮らしなどについても、
ブログに書いています♪
      ↓
ブログはこちら